ホーム > コンセプト

コンセプト

ウッドライフでは
自然素材の家を提供しています

家は家族を守る大切な場所。人も生き物と同じ自然の一部。ビニールの壁で囲まれた工業用製品の中で生活するより、自然素材の中でのびのび暮らす方がより健康的に暮らせると考えています。

あなたが家と共に年を重ね、愛着を持って住める家であることが大切だと考えています。

01健康的な住まいをつくる

01健康的な住まいをつくる

肌に触れる場所には無垢材を使用する

木・塗り壁・コットン・和紙などを使い、健康を害さない素材を使う事で敏感な肌を傷つけません。その他にも素材の経年変化を楽しみ、作った時が100%ではなく、徐々にその表情を変えていき、温もりのある家になっていきます。

湿気をいかにコントロールできるか

日本は世界の地域を比べても四季があり夏などは湿気が多く冬は乾燥する世界でも類を見ない気候が特徴の国です。その中でも夏の湿度が一番の弊害を生み、多くの病気の原因にもなっています。その湿度を室外に適度に排出することで健康的に暮らす事ができます。

断熱性能の高い家は、病気になりにくい

幼少期を断熱性能の低い家で育った子供は、アレルギー性の病気になる可能性が高いという事が近年解ってきました。

寒い家は病気になる原因の一つです。アレルギーを起こさないためにはまず結露しない家をつくらなくてはなりません。結露が無くなれば、室内にカビやダニなどのハウスダストが無くなり、喘息などの原因を絶つことが出来るからです。

基本性能の高い家を目指すことが家族を健康で保つことに繋がります。

無垢の木の香りで毎日気分がリフレッシュ

室内の余計な臭いは湿気と共に室外へ排出することで入った瞬間に無垢の木の良い香りがして気分がリフレッシュ出来ます。無垢の木の香りにはリラックス効果があると科学的に立証されています。

02資産価値の高い家をつくる=長持ちする性能の高い次世代に住み継ぐ家

湿気が溜まらない家

湿気の溜まる家は、木材や鉄であっても腐らせてしまいます。不要な湿気を室内や建物内に溜めない家であれば100年以上持たすことが可能になります。

断熱性能の高い家

日本全体でみると断熱に関しては世界水準でみると隣国よりも大幅に遅れをとっている現状があります。諸国の気候は様々ですが断熱性能を高める事で人が長く暮らせる住まいになることは間違いありません。

日本の”スクラップビルド”の家づくりを減らすことで、限りある資源を無駄にしない環境へも貢献できると考えます。

修理の出来ない既製品の家ではなく、
“オーバーホール”出来る家

価格が安く、施工性が良いことや、見た目の美しい風なものを使用した家が大半だと思います。しかし、既製品は部品の廃盤が起こり部分的な取替が出来ないことが経験上起こってきています。製品の仕組みがシンプルで取替しやすくするために、ドアやドア枠などは既製品を使用せず、手が掛かっても造り付を基本としています。

硬くて強い家ではなく、
木の特性を活かした粘り強い家

ハウスメーカーなどでは「震度7でも倒壊しない」などのキャッチコピーで頑丈な家をアピールしていますが、堅いだけの建物は脆く、破壊が起きやすいものです。古くからある木造在来工法にツーバイフォーの利点を活かした「ハイブリッド工法」を全棟標準装備とし、堅い家から粘り強い家をつくります。

適材適所で素材を選ぶ家

床に適した素材、壁や天井に適した素材など、素材を考え最適な使用感を大切にした家づくりを提供します。

03造り手の顔が見える家づくり。良い家は良い職人が作る。

家づくりはやはり人です。弊社は大工職人の社員化をおこなっており、外注へ丸投げを行っておりません。良い人が作らなければ良い家にならないと考えるからです。

そのことから安定した技術を提供できる強みを活かし、設計から施工までを一括管理し生産コストやデザイン面も両立させた家づくりをしています。創業40年の実績の中培った知識と技術を最大限引き出し安心で満足のいく家をつくります。
photo

モデルハウスで
見学しながら暮らし体験

モデルハウスへ見学に来てください!きになる収納や空間の使い方。体験していただけます!

photo

家づくりの全てがわかります!

資金計画までしっかりわかる資料。弊社のラインナップもこれを見るとわかります!

photo
通気断熱WB工法認定施工店です!