意外と悩む子ども部屋の間取り

スタッフブログ

こんにちは!

福山市・府中市を中心に天然無垢材のオリジナルオーダー家具付き注文住宅を
ご提案する工務店、(株)ウッドライフのmihoです。

家づくりで意外とみなさんが悩まれるのが子ども部屋
「何部屋必要なのか?」「広さはどのくらい?」
そんな子ども部屋の悩みについて少しまとめてみました。

それぞれの個室をつくる?

これは、お子さんの人数性別年齢などによって変わってきます。
お子さんの性別が違って年齢も近い場合はそれぞれの部屋が必要になるかもしれません。
年齢が離れていれば、子ども部屋が必要な時期が重ならない場合もあります。
性別が同じでも、すでに小学生になっている場合はすぐに自分の部屋が欲しくなったりします。

福山市 工務店 ウッドライフ 新築 一戸建て 注文住宅 間取り 子ども部屋 子供部屋

後々仕切れる広い部屋をつくる?

最初は広いひとつの部屋をつくり、後々部屋をわけるという考えもあります。
その場合はドアや窓、さらにコンセントの位置をあらかじめ考えておく必要があります。
間仕切りの方法も様々です。

・必要になった時にリフォームで間仕切り壁を作り完全に部屋を分ける
・あらかじめパーテーションなどの可動式の間仕切りを付けておく
・カーテンや家具で空間を仕切る …etc.

費用や遮音性なども変わってくるので、どれを選択するかも悩むところです…。

福山市 工務店 ウッドライフ 新築 一戸建て 注文住宅 間取り 子ども部屋 子供部屋

子ども部屋の広さは?

最近は4.5帖(+クローゼット)が多いです。
自分が子どもだった頃を思うと狭く感じるかもしれません。
4.5帖というと、ベッドと学習机が置ける広さです。
子ども部屋を「勉強する時」と「寝る時」の場所と考えれば十分な広さです。
土地や家の大きさに余裕があれば、6帖ほどの広さもやはり人気です。
友だちを呼んだり趣味のものが増えたりしても安心です。

実は子ども部屋をしっかり使う期間は意外と短いです。
まだ幼いうちは寝室も家族一緒で遊ぶのもリビング。
小学生になるとお友だちと一緒に部屋で遊ぶことは増えますが、宿題などはリビング学習。
子ども部屋で過ごす時間が長くなるのは、中学生くらいからでしょうか。
ゆくゆくは、大学進学や就職などで実家を離れる可能性も高いです。

家づくりは子育て時期と重なる方が多いので、どうしても子ども中心に考えてしまいます。
将来のライフスタイルの変化も考えると、ベストな子ども部屋の間取りが見つかるかもしれませんね!

ぜひ、色々ご相談くださいね!

 

施工事例はこちら
↓↓↓

 


福山市・府中市で注文住宅を建てるなら、地域密着型工務店の(株)ウッドライフへ。

天然無垢材などの自然素材を使い、デザイン性が高く健康的な家をつくります。

ウッドライフ独自のオーダーメイド住宅なら、他社では諦めていたこだわりの詰まった注文住宅も夢ではありません。

あなたの「こうしたい!」という希望をお聞かせください!

  • tel
  • LINE
  • 資料請求、問い合わせ
  • イベント
トップへ戻る