住宅ローン減税とは?

正式には住宅借入金等特別控除といい、住宅ローンを利用して住宅を購入する場合に、金利負担の軽減を図る為の制度です。

毎年末の借入残高、または住宅取得対価のいずれか少ない方の金額の1%を上限に10年間、所得税から控除されます。

しかし収入の少ない人ほど所得税額も少ないため、この制度の恩恵も少なくなります。

そこで所得税から控除しきれなかった場合は13.65万円を上限に住民税からも控除してくれます。

 

年末残高3000万円×1%=控除上限額30万円

年収450万円/年間所得税13万円/年間住民税20万円とした場合

 

所得税13万円+住民税控除額上限の13.65万円=26.65万円が控除されます。

3.35万円が余ってしまう計算になりますが翌年に繰り越すこと等はできません。

 

もったいないと思いますよね。

しかし共働きの場合は名義を分けたり、連帯債務にする事等により控除額を使い切れる場合があります。

借入前にはお気軽にご相談ください。

 

このように住宅ローン減税制度では収入が少ない人には恩恵も少なくなってしまいます。

そこで平成26年の消費税増税に伴い「住まい給付金」という制度が出来ました。

 

次回は「住まい給付金」についてのお話です。